うつ病を治療して、社会復帰を出来るようになろう

葉

今までとは違う自分

増加するうつ病の症状

昨今、うつ病の患者が増えているのは周知の事実であろう。筆者はIT関連の企業に勤めているが、一部門に1人の割合で必ずいると言っても過言でないほどだ。うつ病とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、食欲の低下、不眠などを特徴とする。精神的ストレスや身体的ストレスの蓄積により発生すると言われているが個人によって発生の度合や重度、タイミングは異なっており、通常の病気に比べて乗り越えにくい病状の人も多いと言われている。また、躁うつ病の患者に代表されるように、「陽」のタイミングと「陰」のタイミングとでの振れ幅が大きいために外部から気付かれにくく、状況に共感を得られにくいため治療に踏み切れないケースも生じている。

うつ状態での予防策と治療策

うつ病は、誰にでもなる可能性がある近代の病である。しかも通常の病気と異なり、「頑張って」と応援されたり「大丈夫だよ」と励まされたりするとおり一層悪化する可能性のある厄介な病気だ。そんなうつ病に対抗するために重要な事は、予防策としてのセルフチェックと、治療方法を把握しておくことだ。セルフチェックとしては、からだのだるさや気持ちの浮き沈み、楽しい感覚の低下に対し、敏感におかしいと感じることが重要である。治療方法としては、通院の上で抗うつ薬などの薬に頼る方法もあるが、人によって効果はまちまちである。まずは医師と相談の上で原因を紐解いていき、少しずつ原因を取り除いていくことだ。通院をためらわず、早期に医師に相談することが肝心である。