• 乳輪や乳頭

    がんが原因で失った乳房は再建することが出来ますが、乳輪や乳頭も再建可能です。この

  • 合併症には

    房再建には、他の手術と同じように合併症のリスクがあります。たとえ、乳がんで乳房を

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
定期的な健診

乳がんにかかって、乳房を失ってしまった時は、とてもつらいものです。
洋服がつけづらいですし、ビキニなどの水着も着けられません。
そのため、外に出たくなくなる可能性もあります。
ですが、乳がんで乳房を失っても再建手術というものがあります。
その再建手術を受けると、失ったはずの乳房を取り戻せます。

■自然な乳房が手に入る
乳房の再建を受けると、自然な乳房が手に入れられます。普通に入浴してもプールに入っても気づかれることはありません。
ですが、乳がんにかかる前の乳房にすることは出来ません。
それでも、胸を自然に仕上げることが出来るので、この手術を受けると便利です。
普通の胸と同じように、垂れ下がることもないのでとてもバランスのとれた、乳房になります。
とても若々しくみえる、乳房に見えるので、だれでも再建できるようになっています。

■定期的に健診を受けよう
乳房の再建後は、定期的に健診を受けることが必要になります。
なぜなら、再建してからも乳がんにかからないとは言いきれないからです。
ですから、健診を定期的に受けるようにしましょう。
再建後の健診は血液や身体検査が行われます。その検査を受ける必要があるのです。
検査を受けると、がんを早めに見つけることが出来るようになります。それと一緒に、自分でも乳房の健診を行うことが大切です。

■回復の期間
回復の期間は、個人差があるので、はっきりしているわけではありません。
しかし、回復するまでにおよそ数週間か数ヶ月ぐらいは必要になります。ちゃんと回復した後は、ふつうに運動することが出来ます。
運動しても再建した乳房に負担がかかることはないので、安心して普段の生活をおくることが出来るようになります。

■人工であることを忘れない
乳房を再建するために、人工物を埋め込んだ後でも、普段の生活を送れるようになります。しかし、普段の生活を送っても、人工の乳房であることを忘れないようにしましょう。
それを忘れて普段の生活をすると、胸に埋めた人工物が、破裂する恐れもあります。そのために、忘れないようにすることが大切です。
このことを忘れないように気をつけながら生活をおくると、人工物の破裂を抑えることができます。

オススメリンク

乳輪や乳頭

乳がんが原因で失った乳房は再建することが出来ますが、乳輪や乳頭も再建可能です。
この乳輪や乳頭再建は、乳房再建を行なった後に行えるようになっています。
しかし、乳頭や乳輪再建するには、再建した乳房がちゃんとした位置に落ち着いてからにしなく…Read more

合併症には

乳房再建には、他の手術と同じように合併症のリスクがあります。
たとえ、乳がんで乳房を失っても再建すればいいというものではありません。
再建で合併症になった場合は、医者に相談することが必要になります。
特に人工の乳房の手術を行うとな…Read more

関連リンク